幅広い分野に及ぶソフトウェア開発を行ないます

mic

MICからの招待状私たちは、あなたの力を必要としています。

メッセージ

MICの魅力

業務基盤となる、通信機器、業務システム、カーエレクトロニクス情報セキュリティ、モバイル機器の開発また製品強化、これらの分野を牽引するトップリーダーが存在し、またリーダーと共にチームを支えるメンバーがいること。

さらに経営陣がガッチリと経営基盤を固めているというバランスのとれた点だと思います。

仕事のやりがい

それは信頼して貰える喜びです。

プロジェクトにより様々なお客様と関わりながら業務を進めていくことになりますが、参画した当初は分からないことも多く、苦労の連続です。それでも困難を乗り越え、プロジェクトを無事完遂したとき、お客様に「次の仕事もMICさんに任せたい」と言って頂けると、私自身だけでなく、チーム・当社全体を信頼して貰えたようで大変嬉しくなります。

風通しが良い

自主性を重んじる社風に惹かれました。

面接時に風通しの良い会社と聞いていましたが、

実際入社してみるとその通りでした。

上司の方もみんな明るくて話やすい方ばかりです。

そのため働いていて納得出来ない事があれば上の人に直談判しています。

皆さんしっかりと回答してくれますし、

それで納得いく説明が貰えることが多いです。

もし自分の思っていた意見が正しいと上司の方も感じられたら、下からの真摯な意見として改善するよう動いてくれます。

やっぱり納得出来ないとスッキリ仕事は出来ません。そういう事が出来るのが魅力なのかなと思います。

自分の成長・後輩の成長

入社当時はプログラマーとしてシステムの一部を作成していました。

様々な業務を必死でこなし、システムエンジニアからプロジェクトリーダーへ少しづつですが確実に成長して行きました。

ふと気付くと、大勢の顧客の前でシステム導入のプレゼンをしておりました。

また、自分の下には多くの後輩がいました。

自分の成長・後輩の成長が目に見えて分かること。これが一番嬉しいですね。

この会社を選んだ理由

実際に使われているシステムの例を交えながらの説明でしたのでとてもわかりやすく、また、自分もここでこんな活躍をしたいと思えました。そして、説明会や面接で自分のことを大切に思ってくれていると感じたため、入社することを決めました。

海外との連携

Android端末向けアプリケーション評価業務のメンバー管理や顧客対応を行ってます。

評価業務は日本だけでなく海外チームと連携して進めており、私のチームには数十名の外国人メンバーがいます。

言葉の違い・文化の違い・立場の違いなど大変なこともありますが、皆が 『プロジェクトを成功させたい』 という同じ想いを持っているため私もモチベーション高く頑張れています。

嬉しかったエピソード

大学時代は文系でプログラム経験がなかった為、"文系"でIT業界という不安は拭いきれませんでした。そんな中、入社後に大手インターネット事業者の展開しているシステムの開発に携わりました。

不安は大きかったですが、苦労しながら初めて開発したシステムが意としたように動いた時はとても嬉しかったです。

そしてなによりも、自分で勝手に差を感じていた"文系"だからという概念が消えた瞬間でもありました。

仕事のやりがい

初めてリーダーを任されたプロジェクトは、ユーザからの要求やアクションが少なく、こちらから問いかけないと何も進まない状況で、苦労しました。リーダーが未経験であった事も重なり、戸惑いながらも、システム開発サイドから率先して要求を引き出して進めた事で、定められた納期までにシステム稼働を迎える事が出来ました。稼働後、ユーザーから感謝の言葉を頂いた時の達成感は忘れられません。